« 2011.07.22 | トップページ | 2011.08.17 »

2011年8月 2日 (火)

2011.08.02

8月2日の作品

<作品>

欧州では「ゆっくり行く者が遠くまで行く」と言うそうだ。わが方は「急(せ)いては事を仕損ずる」である。高速列車が脱線転落して10日、中国政府は東西の格言に挑むかの性急さで、事故を終わった話にしたいらしい▼たちまち運転が再開され、原因究明はおぼつかない。遺族は平均年収の30倍という賠償金を示され、国内メディアは独自の報道や評論を禁じられた。国家事業の高速鉄道を、長々と滞らせぬ決意とみえる。国策という巨岩は、民のしかばねを越えて転がり続ける▼国外にも累が及ぶ原発をこの調子で造られては困るが、原子力については日本でも、国策の暴走がまさに問われている。なにしろ監視役の原子力安全・保安院が、原発を推し進める黒衣だったというのだから▼保安院に頼まれ、電力会社はシンポジウムに社員を動員したり、住民に「模範質問」をさせたりした。公が手を染めた点で、佐賀県知事が九州電力に促した形の「やらせメール」と同じ罪深さだ▼そもそも、原発推進の経産省に保安院がぶら下がる構造がおかしい。アクセルの横に、ブレーキの形をした別のアクセルがある。そんな欠陥車は、名ばかりのガードレールを突き破るしかなかった▼かの国のように、世界をあんぐりさせて強権を振り回すだけが国家統制ではない。安全神話を創作したのは、より洗練された隠微な世論誘導だ。ブレーキ役になれなかった反省を糧にし、メディアの責任を全うしたい。皆で原発から「遠くまで行く」ために。

<感想>

最近の天声人語は、ホントに面白くない。
文章的に「まとも」な上に、書いてあることに独自の視点もなければ、ヒネりもない。

昔の高橋クンが懐かしい。

さて、そんな中、今日のコラムも特に面白みも何もない。

最後の方で『ブレーキ役になれなかった反省を糧にし、メディアの責任を全うしたい』という言葉に対して、国全体を間違えた方向に誘導しようとしている新聞が何を言うか、などと今さら言ってもしょうがない。

しかし、最後の言葉『皆で原発から「遠くまで行く」ために』は、さすがに気になる。

天声人語子の言う「遠く」とは、どういう意味なのだろうか。


天声人語子が引用している『ゆっくり行く者が遠くまで行く』という言葉は、フランスの諺だとかイタリアの諺だとか、いろいろ説はあるようだけど、ここでいう「遠く」とは、「より大きな成果」とか「偉業」を指すと思われる。

「原発をやめて、もっと安全で効率的な発電方法にしよう」と言いたいのか。
聞きようによっては、「原発地域から遠くへ避難しよう」というふうにも取れる。

少なくとも、掛け言葉としてはうまい使い方とは思えない。

« 2011.07.22 | トップページ | 2011.08.17 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1510045/41062394

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.08.02:

« 2011.07.22 | トップページ | 2011.08.17 »

フォト