« 2012.6.29 | トップページ | 2012.7.5 »

2012年7月 3日 (火)

2012.7.3

7月3日の作品

<作品>

子どもの頃、お祭りの露店で「カラーひよこ」を買ったことがある。面白うてやがて悲しきというか、愛玩用の幼鳥は毒々しい赤や緑に着色され、思い返せば哀れな姿だった。〈染められてなお売れ残るひよこたち〉古俣麻子▼チルドレン、ガールズと十把一絡(じっぱひとから)げに呼ばれる国会議員の行く末を思うたび、この川柳が胸をよぎる。実力者の色に染まってバッジをつけたはいいが、「数こそ力」の駒に使われ、先々の保証はない▼子飼いのひよこたちを引き連れて、民主党の小沢元代表が離党する。衆参50人ほどで新党だという。離党届を小沢氏に預けていた議員は、身の処し方までを、有権者ではなく親分に委ねたことになる▼離党者に多い当選1回組は、世論が雪崩を打った「政権交代バブル」で永田町に職を得た。失礼ながら大半は、バブル崩壊の民主党では再選がおぼつかない。ここは選挙上手に身を任せ、反増税、なんなら脱原発も掲げて生き残る策だろう▼朝日歌壇に、先の句と対照をなす一首がある。〈自らの色で濃くなる苺(いちご)ジャム私は私であり続けよう〉大堂洋子。煮詰まるほどに紅(くれない)を深めるジャムには、他力で飾らぬ無着色の潔さがある。政治家もかくありたい▼激動の世で問われるのは「自らの色」だ。着色に甘んじ、独り立ちしないチルドレンは消えてゆく。ひよこじゃないとお怒(いか)りの皆様、集団離党の次のステップは自分で決めませんか。余計な色を落として出直すもよし、国政の経験を生かして転職するもよし

<感想>

「小沢チルドレン」のことを「カラーひよこ」と称したのは面白いと思う。

「ひよこ」だから、色がついていようがいまいが、親鳥(鶏=小沢一郎)に無条件についていく。
それこそ、「な~んにも考えずに」だ。

「例え」の下手な天声人語子には珍しく「言いえて妙」だと思った。


そして、最後。

『国政の経験を生かして転職するもよし』

これは、杉村太蔵をイメージしているとしたら、なお面白いのだけど・・・

« 2012.6.29 | トップページ | 2012.7.5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1510045/46159762

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.7.3:

« 2012.6.29 | トップページ | 2012.7.5 »

フォト