« 2012.11.30 | トップページ | 2012.12.13 »

2012年12月 4日 (火)

2012.12.04

12月4日の作品

<作品>

アルプス最高峰、モンブランのトンネルを車で走ったことがある。約4千円の通行料より、時速50~70キロ、車間150メートルという厳格な規制にたまげたものだ。1999年の火災事故(死者39人)の教訓と聞いた▼フランスとイタリアを結ぶ細穴は、12キロ弱の対面通行である。高速道から入るとノロノロ運転の感覚で、遠くのテールランプをにらんでの10分が長い。閉所に弱い当方、名峰の胎内に限らず、トンネル内ではあらぬ悪夢が胸をよぎるのが常だが、頭上を案じたことはついぞなかった▼中央自動車道笹子(ささご)トンネルの天井崩落は、3台を巻き込み、9人が亡くなる惨事となった。130メートルにわたり300枚ものコンクリート板が落ちる、前例のない事故である▼崩れたのは全長の3%。7秒で抜けられる距離で、ひと息の差が生と死を分けた。前触れもなく、前途を絶たれた人の絶望に胸が詰まる。渋滞していたらと思うと、なお恐ろしい▼開通以来35年、外は地圧と水、内は排ガスや振動にさらされてきた。老朽化という時限爆弾が、天井裏に埋め込まれていなかったか。秋に点検済みとはいえ、最上部のボルト周辺は目視のみ。打音検査なら劣化が分かったかもしれない▼「中高年」に入るインフラは、入念な手入れが欠かせない。悲劇を口実に、道路予算が野放図に復活しては困るが、命を守る策はむしろ「コンクリから人へ」だ。今の日本には、蓄えたものを細く長く使う、倹約の哲学がほしい。それを劣化とは呼ばない


<感想>

中央自動車道のトンネル天井崩壊事故について触れているのだが、最後の文章が意味不明だ。

どうして『「中高年」に入るインフラ』に対する入念に手入れが、「コンクリから人へ」ということになるのかわからない。

天声人語子は、インフラを作ることだけが「コンクリ」だと考えているわけか?

その点検・補修などの手入れも含めて、すべてが「コンクリ」だろう。

ここにきて、まだ民主党を擁護したいのかも知れないが、使い方を間違えていると思う。


あと、手入れのことを普通「倹約」とは言わない。

自動車や家庭のガス・電気製品などの保守・点検は、「倹約」のためにやっているの?

天声人語子は、自動車は車検などやらないで、毎年買い替えるのか?

違うだろ。

「使用期限」あるいは「消費期限」内であれば、誰だって使うはず。

少なくとも、今回の事故は「倹約」とは何の関係もない。

むしろ、保守・点検の費用あるいは手間を「倹約」したわけだから、結論は逆の方向にしなければならないと思う。

« 2012.11.30 | トップページ | 2012.12.13 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1510045/48102785

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.12.04:

« 2012.11.30 | トップページ | 2012.12.13 »

フォト