« 2013.03.06 | トップページ | 2013.03.11 »

2013年3月 9日 (土)

2013.03.09

3月9日の作品


<作品>

職場の屋上から眺めると、ビルの街に隅田川がゆったり光っている。春のうららの……と歌われる季節も近い。思えばそんな春先、3月10日の未明に隅田の川面は死者で埋まったのだった。約10万人が非業の死を遂げたとされる東京大空襲から、あすで68年になる▼きのうの朝日小学生新聞で、当時14歳だった画家、吉野山隆英さん(82)の話を読んだ。隅田川につながる北十間川(きたじっけんがわ)にも遺体が折り重なって浮いていた。いまは東京スカイツリーの足元を走る川である▼ 思い出すのがつらくて、吉野山さんは空襲の絵を描けないできた。70歳を過ぎて初めて描いた。天をつくツリーが完成に近づいた一昨年には、北十間川の記憶を絵にした。あのできごとを忘れないでほしい――風化にあらがう筆は重々しい▼悲惨な戦争の歴史でも、無差別爆撃は最悪のものだ。米軍は戦争末期、日本の主要都市を軒並み炎に包んだ。犠牲は数十万人にのぼるが、広島や長崎に比べて語られる機会は少ない▼東京大空襲では爆撃機B29が279機飛来し、3時間足らずで下町を焦土にした。戦中派には恨み重なるB29を、昨今の若者は濃い鉛筆のことか?と問うそうだ。話半分に聞くにせよ、いまや戦後生まれがほぼ8割を占めるのは事実である▼ 移ろいやすい人の世だが、忘れてならぬものがある。11日には大震災から2年がめぐる。その前日の3・10も伝え続けたい。天災と戦争は違うけれど、奪われた命の無念は変わらない。胸に刻む両日としたい

<感想>

何の変哲もないコラムだと思っていたが・・・

次の文章のところで「ん???」

『戦中派には恨み重なるB29を、昨今の若者は濃い鉛筆のことか?と問うそうだ』

これは本当か?

というか、ウソでしょ?


昨今の若者がB29を知っているかどうかは知らない。

おそらく知らない人も結構いるだろう。

だけど、たぶん「B29って、濃い鉛筆のこと?」などと言う若者は存在しないと思う。

「それを言うなら、29Bでしょ」というツッコミを入れるまでもなく、そんな「濃い鉛筆」が存在するなどと思っている若者はいないだろう。

いちおう「話半分に聞くにせよ」と逃げ道を作っているけれど、「話全体」がウソ臭い。

天声人語子にしてみたら「ボケてみた」つもりなのかも知れないけど、これはいくら何でもあり得ない話だろう。


まるで「アベする」みたいな感じ。

「いったい誰だよ。そんなことを言っているヤツは!」ということだ。

もう少し「うまい」ウソをつけばいいのに。

« 2013.03.06 | トップページ | 2013.03.11 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1510045/50704626

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.03.09:

« 2013.03.06 | トップページ | 2013.03.11 »

フォト