« 2014.12.01 | トップページ | 2015.01.13 »

2014年12月 8日 (月)

2014.12.08

12月8日の作品


<作品>

今年の七曜(しちよう)は73年前と同じ巡りである。1941年12月8日の月曜の朝、臨時ニュースがラジオから流れた。そのときの心情を、有名無名の多くの人が歌に詠んだ。〈日米が正(まさ)に戦ふこのニュース頰(ほお)こはばりて我は聴きゐつ〉田中みゆき▼〈宣戦のビラに痺(しび)れしごとき街今朝(けさ)の静けさかつて見ざりき〉平井乙麿(おとまろ)。『短歌で読む昭和感情史』から引いた。寒い朝の緊張は、戦果の速報とともに興奮へと変質していく。歌人の斎藤茂吉は、正午に娘と「勝鬨(かちどき)」をあげたという一首を残した▼敵方の英国にも、日本軍の真珠湾攻撃に内心欣喜(きんき)する人がいた。首相のチャーチルだ。「我々は戦争に勝った。ヒトラーの運命もムッソリーニの運命も定まった」。そんな記述が自著『第二次大戦回顧録』の12月8日にある▼米国の参戦で対独戦は一変するとの読みだった。米の国力を巨大なボイラーに例えたくだりもある。「その下に火がたかれると、つくり出す力には限りがない」。圧倒的な物量に対抗して人の命を湯水のようにつぎ込んで、日本は降伏する▼おびただしい流血であがなった平和国家の体制(レジーム)だが、いまや風前の灯火(ともしび)といえる。特定秘密保護法は選挙の喧噪(けんそう)に紛れて、あさって施行となる。そして集団的自衛権。景気論議に埋没させてはならないテーマだと、痛恨の日に改めて思う▼あとになって「あのときが」と言われる節目が歴史にはある。最後に人を救うのはアクセルよりもブレーキのことが多い。苦い歴史の教えるところだ

<感想>

本日12月8日は、真珠湾攻撃によって太平洋戦争に突入した日だ。

だから、戦争について語るのならまだわかる。

事実、終盤までは『おびただしい流血であがなった平和国家の体制(レジーム)』ということで、そういう流れになっている。

しかし、そこから急におかしくなる。

「集団的自衛権」はともかく、「特定秘密保護法」が、どうして「平和国家を風前の灯」にすることになるのか、さっぱりわからない。

国家に秘密があるのは当然。

それは国防問題に限らない。

むしろ、そういうものをいいかげんにしてきたのが、前政権である民主党ではなかったのか。

「集団的自衛権を認めると、日本が戦争をする国になってしまう」というバカなことを言うヤツはたくさんいるけど、「特定秘密保護法を認めると、戦争になってしまう」という理屈は、そんなバカなヤツでさえ思い付かない理屈じゃないの?

もう、いっそのこと「アベノミクスは、戦争に直結するからダメ」と言えばいいのに。


そんなことより・・・

『最後に人を救うのはアクセルよりもブレーキのことが多い』って、アクセルが人を救うことって、どんな場合だ?

人を助ける(ケガ人を病院に運ぶとか、災害に遭って困っている人を救助に行くとか)ために、スピード全開で車を走らせることか?

普通、そういうのを「アクセルが人を救う」なんて言わないだろう。

選挙の喧騒に紛れて、アホなことを言わないでほしい。

« 2014.12.01 | トップページ | 2015.01.13 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1510045/58211520

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.12.08:

« 2014.12.01 | トップページ | 2015.01.13 »

フォト