« 2014.12.08 | トップページ | 2015.02.23 »

2015年1月13日 (火)

2015.01.13

1月13日の作品


<作品>

新聞社襲撃をはじめテロが及ぼした衝撃と恐怖は大きく、フランスの9・11だという声が聞こえてくる。ならば、同じ轍(てつ)は踏んでほしくないと願うばかりだ。9・11のあと、米国にはイスラム教徒への不寛容の風が吹き荒れた▼9・11直後、ニューヨーク大のある教授が「社会が自由を失ったら、それこそテロリストに勝利させてしまう」と案じていた。だが、そうなってしまった。政府は対テロを名分に人権を軽視し、米社会にはいらだちと敵意が高まっていった▼アラブ系移民が射殺される。パキスタン人の母子が若者らに殴られる。この手の事件が、9・11から1年ほどしてもよく聞こえてきた。多くの移民が国境を越えてカナダへ逃れるのを、そのころ米国にいて取材した▼フランスは人口の約7%がイスラム教徒だという。差別や排斥が新たな憎しみを生むなら、それこそテロ組織の思うつぼだろう。多様性の尊重という欧州の理念も、血塗られた手につぶされかねない▼日曜日には数百万人という市民がパリや各地を行進した。その光景は、星条旗があふれ愛国の空気に支配された米国と印象は異なる。しかし結束感の高揚は往々に、聞くべき意見さえはじきがちだ▼言論への暴力は許されない。それは動かぬこととして、週刊新聞「シャルリー・エブド」の宗教風刺画をめぐる議論などは、あってしかるべきだろう。それもまた大切な言論の役割といえる。自由、平等、博愛をうたう国には説法無用のことかもしれないが


<感想>

フランスで起こった新聞社に対するテロは許し難い、というのはその通りだと思う。

しかし、少なくともあの風刺画を見る限り、イスラム教徒に対する「風刺」ではなく、どう見たって誹謗中傷だろう。

皮肉にも何にもなってなくて、単にバカにしてるだけとしか思えない。

「だったら、そんなヤツは殺してもいいのか」ということになるのだろうけど、仮に在日の連中が天皇陛下に対して、あのような漫画を描いたとしたら、いったいどうなる?

多くの人たちが「許せん!」となるはず。

それに対して「言論には言論で対抗すべし」と言ったところで、いったいどうすればいいの?

風刺画を掲載した連中は「言論機関」そのものだ。

一方で、バカにされた方は、そのような手段を持っていない。

他の言論機関を使えばいいじゃないか、と言うかも知れないけど、自分のところは関係がないのに、他の言論機関を批判するような漫画や文章を掲載するわけがない。

つまり、対抗手段がまったくないことを知っていて、わざとあのようなことをやっているとしたら、これはもう悪意以外の何ものでもないだろう。

「じゃあ、テロはいいの?」という最初の問いに戻ってくるわけだけど、結局のところ言論機関が、ある程度の節度をもって漫画なり記事を掲載しない限り、批判された方としてはどうしようもない。

しかも、当の言論機関は、今回のテロに対して、さらにイスラム教徒に対する風刺画を掲載して挑発し、騒ぎを煽っている。

これに対して、イスラム教徒たちは、いったいどうすればいいわけ?


これと同じようなことを、朝日新聞が今まさに行っているわけだ。

「慰安婦問題」や「吉田所長証言問題」などについて、朝日新聞は記事を「捏造」して掲載し、圧倒的な力でもって、このウソを日本のみならず世界中にばらまき、日本人をバカにしてきた。

そして、これについて「言論」で対抗(批判)した人たちに対して、今度は訴訟という形で、さらに圧力をかけようとしている。

訴えられた文芸春秋社や西岡力氏は、まだ自力で対抗する術を持っているけれど、朝日新聞の「捏造」によって直接被害を受けた人たちには、何の対抗手段もない。

謂れのない誹謗中傷を受け、泣き寝入りするしかなかったわけだ。

もしも、朝日新聞のような巨悪に対抗するとしたら、まさに命を賭して潰しにいくしかないではないか。


さて、話が飛んでしまったが、そんなえげつない朝日新聞の看板コラムが、いけしゃあしゃあと『週刊新聞「シャルリー・エブド」の宗教風刺画をめぐる議論などは、あってしかるべきだろう。それもまた大切な言論の役割といえる』とは、よく言えたものだと思う。

こういう「自分のことを棚に上げて、他人の批判をする」連中をみると、ホントに腹が立つ。

« 2014.12.08 | トップページ | 2015.02.23 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1510045/58570459

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.01.13:

« 2014.12.08 | トップページ | 2015.02.23 »

フォト