« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月13日 (火)

2015.01.13

1月13日の作品


<作品>

新聞社襲撃をはじめテロが及ぼした衝撃と恐怖は大きく、フランスの9・11だという声が聞こえてくる。ならば、同じ轍(てつ)は踏んでほしくないと願うばかりだ。9・11のあと、米国にはイスラム教徒への不寛容の風が吹き荒れた▼9・11直後、ニューヨーク大のある教授が「社会が自由を失ったら、それこそテロリストに勝利させてしまう」と案じていた。だが、そうなってしまった。政府は対テロを名分に人権を軽視し、米社会にはいらだちと敵意が高まっていった▼アラブ系移民が射殺される。パキスタン人の母子が若者らに殴られる。この手の事件が、9・11から1年ほどしてもよく聞こえてきた。多くの移民が国境を越えてカナダへ逃れるのを、そのころ米国にいて取材した▼フランスは人口の約7%がイスラム教徒だという。差別や排斥が新たな憎しみを生むなら、それこそテロ組織の思うつぼだろう。多様性の尊重という欧州の理念も、血塗られた手につぶされかねない▼日曜日には数百万人という市民がパリや各地を行進した。その光景は、星条旗があふれ愛国の空気に支配された米国と印象は異なる。しかし結束感の高揚は往々に、聞くべき意見さえはじきがちだ▼言論への暴力は許されない。それは動かぬこととして、週刊新聞「シャルリー・エブド」の宗教風刺画をめぐる議論などは、あってしかるべきだろう。それもまた大切な言論の役割といえる。自由、平等、博愛をうたう国には説法無用のことかもしれないが


続きを読む "2015.01.13" »

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

フォト