« 2015.01.13 | トップページ | 2015.03.12 »

2015年2月23日 (月)

2015.02.23

2月23日の作品


<作品>

天気図もなかった昔、荒れる海をなだめようと様々なものが海中に捧げられた。平安前期の船旅をつづった「土佐日記」にも、筆者の紀貫之(きのつらゆき)が大荒れの海に鏡を投げ入れるくだりがある▼いよいよ船が危うくなり、船頭は何か神がほしいと思う物を奉(たてまつ)れと言う。貫之がたった一つの貴重な鏡を泣く泣く投じると、海は鏡の面(おもて)のように静まったそうな。昔読んだそんな話を、沖縄・辺野古の海に巨大なコンクリートブロックが投入されている記事を見て、思い浮かべた▼サンゴの海に神あらば、ぶくぶく沈んでくる塊に顔をしかめたか。いや、それにもまして、尊ぶべきものを尊ばない政府を嘆いているかもしれない。沖縄が示した民意のことである▼昨年秋の県知事選では辺野古への基地移設に反対する翁長雄志(おながたけし)氏が選ばれ、暮れの衆院選では4小選挙区とも反対派が勝った。ところが民意は黙殺されて、既成事実が着々と積まれているのが現状だ▼「民主主義はもうこりごりだ」と言っていたコザ市(現沖縄市)の元市長、大山朝常(ちょうじょう)さんのことが、あらためて思い出される。本土による、本土のための民主主義が小さな島を圧している。そんな悲憤を抱えて16年前に97歳で他界された▼鏡の話に戻れば沖縄は鏡だと思う。賛同者には厚く、異なる意見には冷ややかな現政権の「民主主義」をはっきりと映す。埋め立てより沖縄との溝を埋める努力が先であろう。一度も会っていない首相がまず知事と会って、そこから始めるほかはない


<感想>

サンゴの海にコンクリートブロックを投入することから、「土佐日記」の「荒れた海を静めるために鏡を投げ入れる」というエピソードを思い浮かべるなんて、すごい発想だなと思う。

だいたい自分たちでサンゴに傷つけたくせに、「心ないダイバー」のせいにしようとした朝日新聞が、サンゴを守れ、などと主張すること自体噴飯ものだ。

何が『尊ぶべきものは尊ばない』だ。

日本の尊ぶべきものを、すべて否定するようなことばかりしている新聞が、よくそんなことが言えるなと思う。

まさに厚顔無恥そのもの。

それに、暮れの衆院選で反対派が勝ったからと言って、それが自分たちの主張通りであれば、「これが民意だから尊重しろ」と言っているのだが、もし自分たちの主張通りにならなければ「少数意見を尊重しろ」と言うに違いない。

今回与那国島に陸上自衛隊を置くかどうかの住民投票で、賛成派が勝ったことをどうとらえているんだろうか。

昨日時点での記事は、結果を淡々と伝えているようにしか思えないのだが・・・


他にも、『民主主義はもうこりごりだ』だとか『本土による、本土のための民主主義』だとか、言っていることの意味がよくわからない。

最後の『沖縄は鏡だと思う』の部分は、さらにわからない。

何だよ『異なる意見には冷ややかな現政権の「民主主義」』って。

朝日新聞は、民主主義のことをいったいどうとらえているんだろう。

と言うか、それ以前に「お前が民主主義のことを語るな」と言いたいくらいだ。

『埋め立てより沖縄との溝を埋める努力が先であろう』などは、ウマいことを言っているつもりだろうけど、そもそも溝を作っているのは、アンタらではないのか、と思うわけだ。


いずれにしても、相変わらず読むたびに腹が立つコラムだ。

« 2015.01.13 | トップページ | 2015.03.12 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1510045/59032916

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.02.23:

» ランキングブロガーへの道 [美しい国への旅立ち]
拙ブログは、政策秘書さん、活動家の方以外に、ランキングブロガーの方にもご覧いただいているような気がしている。 また、コラボブログがランキング登録したことなどもあり、応援を兼ねて、出稿することとした。... [続きを読む]

« 2015.01.13 | トップページ | 2015.03.12 »

フォト