« 2015.02.23 | トップページ | 2015.03.17 »

2015年3月12日 (木)

2015.03.12

3月12日の作品


<作品>

気はやさしくて力持ち。そんなお相撲さんのしこ名にも聞こえる。「命山」と書いて「いのちやま」と読む。土を盛り上げて人工の高台をつくり、津波からの避難場所にする取り組みが注目されている▼静岡、愛知、三重など東海地方で目立つのは、南海トラフ地震への不安と備えだろう。いずれは起きるとされる巨大地震の被害想定はすさまじい。最悪に最悪を重ねてだが、この3県で犠牲者は計17万人にのぼる。その多くは津波によるものだ▼命山は、江戸時代から伝わる。今の静岡県袋井市で、台風による高潮で多くの死者が出た。その教訓から、逃げ場となる小山を二つ築いたという。山は歳月に耐えて残り、県の文化財になっている。古人の知恵は素朴にして理にかなう▼東日本大震災は、逃げることの大切さを教訓に残した。避難を迷ったり、ものを取りに戻ったり、もう10秒、あと10メートルで生を阻まれた人もあろう。命山の名には、無念の涙を忘れまいとの誓いが、おのずとこもる思いがする▼古来の災害を調べている歴史学者の磯田道史(みちふみ)さんが、現在は「災後」ではなく「災間(さいかん)」だと言っていた。有史以来この列島に地震は絶えず、阪神と東日本の間はわずかに16年。言われて思えば「阪神から10年」は「東日本まで6年」だった▼きのう3月11日、各地は追悼の祈りに包まれた。家も故郷の町並みも無論大事だが、一番は命につきると痛感させられる。命山に限らない。硬軟の策を織り交ぜ、人を守る備えが欠かせない

<感想>

わざわざ取り上げるほどのコラムではないのだけど・・・

『阪神と東日本の間はわずかに16年』というのは、確かに「そんなに近いのか」と思ってしまうが、その後の『「阪神から10年」は「東日本まで6年」だった』って、どういう意味だ?

「東日本から4年」ということは、「次の大震災まで、あと数年だ」と言いたいわけ?

なぜ、『阪神と東日本の間はわずかに16年』と言われてそう思ったのか、その真意がわからない。

はっきり言って、必要のない一文ないだろう。

ついでに、最後の一文。

『硬軟の策を織り交ぜ、人を守る備えが欠かせない』

締めの文章に悩んだのかも知れないが、もっと具体的に書けないか?

« 2015.02.23 | トップページ | 2015.03.17 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1510045/59239584

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.03.12:

« 2015.02.23 | トップページ | 2015.03.17 »

フォト