« 2015.04.08 | トップページ | 2015.05.17 »

2015年4月21日 (火)

2015.04.21

4月21日の作品


<作品>

人の世において出処進退は難しく、地位に恋々(れんれん)として晩節を汚した人は少なくない。〈散りぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ〉。細川ガラシャ夫人の辞世の歌がよく口に上(のぼ)るのも、引き際の難しさゆえだろう▼サラリーマンには定年がある。作家の安部公房が、定年のことを「世間公認の成功率百パーセントの殺し屋」と表現していた。穏やかならぬジョークだが、もちろん職場から消えるという意味である▼暦が決めてくれる引退と違い、スポーツ選手は悩むようだ。芸能や芸術に比べて盛りは短く、円熟とは衰えを抱え込むことと同義といえる。去就の葛藤(かっとう)は凡人には計り知れない▼サッカーの三浦知良(かずよし)選手の、素晴らしいゴールだった。48歳で現役を続ける元日本代表の花形は、日曜のJリーグ2部の試合で自身の持つ最年長得点記録を更新した。ピッチの外の話がいい▼1週間前の日曜、野球解説者の張本勲さん(74)がテレビで「もうおやめなさい。若い選手に席を譲ってやらないと」と発言し、物議を醸(かも)した。聞いた三浦選手は「もっと活躍しろと言われているんだなと思った。激励されたと思って頑張る」と語っていた▼感心した張本さんが「あっぱれ。ふつうはクレームをつける」と試合前に番組で讃(たた)えると、応えるようにゴールを決めた。とかく売り言葉に買い言葉、悪態の応酬の多いご時世に、一吹き、さわやかな風が渡っていった。かっこいいとは、こういうことだ。まだまだ散るべき時にあらず

<感想>

「文章が下手だなあ」というのが第一印象だけど・・・

張本が日曜朝の番組で、カズに対して「引退したら?」と言っただけでなく、J2のことを「野球で言えば2軍」などと的外れなことを言ったことで、あちこちから批判を浴びていた。

それに対して、カズ本人は「大人の対応」をした上に、その後の試合で立て続けにゴールをあげ、張本に対して無言の抗議(?)をしたのは周知の事実。

そうすると、今度は張本が「あっぱれ」と言った上に「今度ごちそうするよ」と言ったらしいけど、この男の本心は別にあるのはミエミエだ。

日本においてすでに人気が定着しているプロ野球関係者が、後発であるサッカーを見下しているのは確かだ。

イチローが3000本安打を打った時も、「大リーグは試合が多いから」とか何とか、イチローの実績にイチャモンをつけた前科があるだけに、とにかく人の実績に対して素直に認めないところは、やはり血のなせるわざか?

自身もあれだけの実績があるのだから、もっとデンと構えていればいいのに、何とも情けない男だと思う。


いずれにしても、あのやり取りは決して「さわやかな」ものではなかった。

「かっこいい」のはカズだけであって、張本はいつもながらかっこ悪い姿を世間にさらしてしまった。

天声人語子も、表面上の出来事だけを見るのではなく、もっとその背景とかきちんと調べて書けば?

<参考>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150419-00000031-dal-socc

« 2015.04.08 | トップページ | 2015.05.17 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1510045/60282572

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.04.21:

« 2015.04.08 | トップページ | 2015.05.17 »

フォト