日記・コラム・つぶやき

2011年6月20日 (月)

2011.06.20

6月20日の作品

<作品>

取り込む家から足が遠のくように、震災後、日本を訪れる外国人は半減した。音楽界でも来日の中止や延期が相次ぐ中、きのう2組が公演日程を終えた。喝采は、「約束」を果たしたことへの感謝で増幅された▼米国メトロポリタン・オペラは5年ぶりの来日、総勢380人が14ステージを務めた。「芸術の力を示す歴史的な公演にしてみせる。日本の現状を世界に正しく伝える一助になれば」。ピーター・ゲルブ総裁の意気込み通り、熱い出来ばえだった▼楽団員は事前に専門家の話を聴き、東京の放射線は大丈夫と納得したという。乳飲み子を同伴したソプラノもいた。不安から看板歌手3人が直前に降りたが、代役がまた一流。「メト」の底力である▼シャンソンの大御所、ジュリエット・グレコは7年前、東京の舞台で中越地震を経験している。ざわめく客席を制して歌を切らなかった度胸は、ファンの語りぐさだ。初来日から半世紀となる今回も、84歳は「やれるなら喜んで」と応じた▼母国フランスは原子力大国だ。在日大使館は、革命記念日(7月14日)の祝宴をいつもの大使公邸ではなく、福島県郡山市で開く。被災地からも数百人を招くという。国策ゆえの気配りだろうが、「困難な時期に連帯感を示したい」と神妙だ▼興行主は収支をはじき、大使館は国益を図るのが常ながら、世の中、損得だけでは回らない。慶弔とも遠来の客人が厚遇され、雨天の友の例え通り、逆境での好意は胸に染む。震災が紡ぐ絆もある

続きを読む "2011.06.20" »

2011年6月 9日 (木)

2011.06.09

6月9日の作品

<作品>

砂を吐かせて鍋に放り、日本酒を浴びせる。口が開く音で火を止め、青みを散らせば至福の時だ。おいしいアサリの酒蒸しである。だが今は、手荒な扱いをわびたい。こんなに繊細な生き物とは知らなかった▼福島県で捕れたアサリの殻に、津波によるストレスの痕跡が確認されたという。日々成長する殻の模様は、遺伝と生息環境を刻んだ履歴書に似る。乱暴に転がされ、見知らぬ深みに運ばれた恐怖を示す異変が、9割もの「貝柄」に認められたそうだ。逃げられぬ身の哀れよ▼アサリ以上の健気(けなげ)は、岩手県の名勝、高田松原で一本だけ残ったアカマツだろう。樹齢は約260年。復興の希望を託されながら、海水で根が腐り、葉が茶色に枯れ始めた。接ぎ木でクローン苗を育てる試みが続く▼白砂青松を共に彩った7万本の仲間は、倒れて散乱した。それを薪(まき)にして売り、地元の復興資金に充てる活動もある。美観に貢献し、防潮林として力尽きた木々は、燃えてその生を終える▼歌人の胸にも、故郷岩手の松原があったのかもしれない。〈いのちなき砂のかなしさよ/さらさらと/握れば指のあひだより落つ〉。啄木の名歌は、止めようのない時を語って悲しい。戻らぬ時間は、砂時計の下半分に降り積もる。過去という名で▼津波は、居合わせた人々の「今」を、砂もろとも押し流した。生き永らえても、心が負った傷は時の流れだけでは癒やし難い。何より子どもたちの、小さく、まだ柔らかい殻に刻まれた深手を忘れまい

続きを読む "2011.06.09" »

2011年6月 6日 (月)

2011.06.06

6月6日の作品

<作品>

声欄に載る投書に、思わず背筋の伸びることがある。それでは足りず頭(こうべ)まで垂れたくなる一文を、先月の大阪本社版で読んだ。2年前に他界された奥さんが、10年以上にわたって小欄を書き写してくださっていた、という内容だった▼京都の大石治さん(77)のお宅には、丁寧な字で埋まったノートが27冊も残る。毎晩、就寝前の30分を充てておられたという。筆写につれて、日記の文章が無駄なく上手になっていくのにご主人は驚いたそうだ。宝物にしたいようなありがたい話である▼パソコンにおされて手書き文化はたそがれつつある。そうした中、多くの方が小欄を筆写してくださっているのを知った。専用の書き写しノートを発売したところ、面映(おもは)ゆくも好評らしい。筆者としては、日々の出来不出来がいっそう気にかかる▼自由律の俳人尾崎放哉(ほうさい)の一句、〈心をまとめる鉛筆とがらす〉が胸に浮かぶ。何も小欄に限らない。文を書き写す時間には、ゆたかな静謐(せいひつ)があるように思う。キーボードでは得られない「手と心」の一体感だろうか▼写真のなかった昔、人をしのぶよすがは肉筆だった。「平家物語」にも「はかなき筆の跡こそ後の世までの形見」とある。なのに昨今は、職場でも互いの手跡を知らない同僚が増えている▼日ごろの「パソコン頼み」を反省し、この原稿は鉛筆をとがらせ、マス目の書き写しノートに書いてみた。恥ずかしながら5枚も反古(ほご)にした。さて出来不出来は。採点はどうか、お手柔らかに願います

続きを読む "2011.06.06" »

2011年6月 3日 (金)

2011.06.03

6月3日の作品

<作品>

男が得意げに言う。「来週会社を辞めてやると伝えたら、社長の奴(やつ)、がっかりしていた」。すると同僚が「今週じゃないからな」。クリント西森編著『ジョーク世界一』から引いた。同じ辞めるにも、重職ほどタイミングが肝心だ▼自民党などの内閣不信任案が賛成152、反対293で阻まれ、永田町のドタバタ劇はひとまず短編で収まった。震災対応にメドがついたら若い世代に引き継ぐ、という菅首相の「退陣予告」が効いたようだ▼ジョークとは逆に、辞めてくれるなら後日でもと、賛成予定の民主党議員が思いとどまったらしい。処分覚悟の欠席や賛成は、小沢元代表ら20人足らず。80人造反の票読みもあった中、政界、一寸先は闇である▼小沢氏は民主党の原点にこだわり、菅憎しに燃える。名うての壊し屋、今度も分裂辞さずの勢いだったが、腰砕けに終わった。造反者を追い出せば、首相は怪我(けが)の功名、衆院の安定多数を保ちつつ「脱小沢」が成就する▼与野党は、きちんと危機にあたれる人物を本気で吟味すべきだし、政党再編も一つの道だ。だがそれを国難の下でやるのは、土砂降りに打たれながら高級傘を探すに等しい。今はビニール傘でもというのが大方の声だろう▼国会で多数派工作が続く間にも、原発の汚染水はかさを増し、被災地では不便な一日が暮れた。議員は仕事に戻ろう。野党も政府の震災対応に協力するなり対案を出すなりし、一日も早くビニ……いや菅さんにメドなるものをつけさせたらいい

続きを読む "2011.06.03" »

2011年6月 2日 (木)

2011.06.02

6月2日の作品

<作品>

ざっと見て、いまの日本には「戦場」が三つある。津波で多くの命と財産を失い、10万人が避難所で暮らす東北の被災地。内外に放射能と不安を広げる事故原発。そして、これらに一丸であたるべき者たちが争う国会だ▼谷垣自民党総裁は、菅首相との討論で「だからお辞めなさい」と迫り、内閣不信任案のカードを切った。震災という共通の敵が暴れている時に、陣内で斬り合ってどうする▼菅おろしの勢力は「震災で政権延命を図るな」と批判するけれど、国難の政治利用ならお互い様だ。「被災者のため」と言い張る野党に、民主党の「党内野党」が呼応する。これが政策にかこつけた政局でなくて何だろう▼領土問題などでの「甘さ」に我慢ならない保守論壇も、震災対応の不手際をここぞと攻め立てる。曰(いわ)く、この首相では国が滅ぶ。では空前の大災害を、誰がいかに収めるというのか▼経済学者の浜矩子さんが、「絶句につぐ絶句……仕事しろ」と政治状況を嘆いておられた。情けないのは右往左往する与党議員だ。とうに政党の体をなさぬ民主党ながら、党に残ったまま不信任に賛成するのはずるい。造反といえば格好いいが、信念より打算が見え見えである▼ベトナム戦争の最前線を命がけで取材した開高健は、戦場を「ウソのないたった一つの場所」と書いた。作家の定義に従えば、永田町は戦場の名に値しない。しかもこのB級コメディー、制作費の大半が血税だから泣くしかない。せめて短編で終わりますように

続きを読む "2011.06.02" »

2011年5月27日 (金)

2011.05.27

5月27日の作品 <作品> やると決めた者は来店時から怖い顔で、「蜃気楼(しんきろう)のような強い邪気」を発しているという。『万引きGメンは見た!』(伊東ゆう著、河出書房新社)にある。逮捕もある犯罪だ。にじみ出る緊張と悪意を、プロの保安員は見逃さない▼そんな最低限の人間味すらうかがえない、軽く乾いた所業である。コンビニなどの震災募金箱が、全国で盗まれているという。東京だけで約40件、神戸のマクドナルドでは箱をとめたワイヤが切られた▼大書された「大震災」にも、感じるところはないらしい。火事場泥棒の抜け目なさと、さい銭ドロの罰当たりをこね混ぜた卑しさ。小欄の読者とは思えぬが、一応「恥を知れ」と書いておく▼震災に乗じた詐欺や悪徳商法も多い。家屋の補修を装うものや、「支援のカニを買って」「市役所ですが義援金を」と悪知恵は尽きない。自作の募金箱をレジに置く不届き者も出た。「会社の義援金を電車に置き忘れちゃって」は、おなじみの振り込め詐欺だ▼配給に列ができ、暴動もない被災地を、世界は「さすがに民度が高い」とたたえた。鈍することなき日本。だが、善意や不幸につけ込む震災犯罪の毒気に、わずかな救いさえ陰りかねない▼善人ばかりの世でもなし、日本人の倫理観が飛び抜けているとも思わない。それでも、こうした輩(やから)に警察の時間と公金が費やされるのは悔しい。どなたも一言あろうが、ちんぴらに大声で説教するのも馬鹿らしい。この難局、空しい怒りに回すエネルギーはない

続きを読む "2011.05.27" »

2011年5月25日 (水)

2011.05.25

5月25日の作品 <作品> 織田作之助の短編「競馬」にこんな一節がある。〈走るのは畜生だし、乗るのは他人だし、本命といっても自分の儘(まま)になるものか、もう競馬はやめたと予想表は尻に敷いて芝生にちょんぼりと坐(すわ)り……〉。消沈ぶりがおかしい▼馬を恨んではいけない。本命に裏切られたら、穴狙いという道がある。大穴の代名詞は、100円の元手で1万円以上を稼ぐ万馬券だろう。人はそれを夢見て公営ギャンブルに通い、公に貢いできた▼先の日曜日、日本中央競馬会が4月に導入した新方式の馬券「WIN(ウイン)5」で、100円の元が1億4685万110円に化ける「億馬券」が生まれた。過去の記録の何倍にもなる空前の高配当である▼新馬券は、指定された5レースすべての勝ち馬をネットで当てる。かの日は重賞のオークスで7番人気が勝つなど、対象レースで本命がそろって敗れる波乱。約1200万票の発売総数に対し、的中はわずか6票だった▼「人の不幸の上に成り立つ自分の勝ち、ギャンブルの快楽はここにある」。競馬随筆の谷川直子さんの洞察だ。ハズレが多いほど配当は膨らみ、アタリの歓喜は極まる。競輪では昨秋、自分で勝者を予想しなくてもいい宝くじのような車券で、9億円強の配当が出た▼競馬も運の要素を大きくし、高配当で素人を呼び込む策らしい。無論、夢追い人の大多数は快楽の人柱になる。ただし、WIN5の収益からはすでに約8億円が震災支援に回されている。ちょんぼりと座るのも無駄じゃない

続きを読む "2011.05.25" »

その他のカテゴリー

フォト